エステ 脱毛 方法

エステの脱毛と医療脱毛の違いとは…

現在、脱毛エステで採用されている脱毛法は、“光脱毛”という複数の波長の光を使って、
産毛やむだ毛を処理する方法です。

この光脱毛を各エステサロンで、IPL脱毛、フラッシュ脱毛などと命名し、
独自の脱毛法として紹介しているようですが、これは光脱毛法のことで
しくみに大きな違いはありません。

光を広い範囲で照射するため肌への影響が少ないといわれていますが
皮膚に近づけすぎると、やけどをしてしまう場合がありますので
施術にはある程度技術が必要です。

美容外科や医療機関で使われている“レーザー脱毛”と比較すると
脱毛効果はむしろ高いといわれています。

医療レーザーは、一種の光、「単一波長」の光を集めたもので、
黒い色、すなわち黒い毛髪部分のみに反応します。
太い濃い毛には効果が高いですが、産毛には効果はありません。

よく、医療レーザーの方が効果が高いと思われがちですが、
実はエステで広く採用されている光脱毛の方が効果は上です。

違いは、“出力の差”です。

光脱毛はあくまで医療行為なので、エステでは本来、光脱毛をすることができないんです。
しかし、脱毛機の出力を弱めた施術で、医療行為外として脱毛を行っています。

まっグレーゾーンということで、当局も黙認しているという状況です。
ですから、エステでも十分効果の高い脱毛を行うことができます。

料金の安いエステでの脱毛を利用する人が圧倒的に多いとのは
このあたりに理由があるようですね。





 

サイトマップ

体内脂肪測定